FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



今日のおしゃれイズムの森泉さんは最高でしたね~。

さんまさんにいじられる森泉はテンション最高!

最高な脚もスカートと共に突っ込まれてカメラワークも軽快!

かなり釘付けで見てしましました。

その画像です。

おしゃれイズムの森泉さん
※NTV おしゃれイズム公式ページより抜粋


天真爛漫な電気あんまをしてほしいですね~^^。


web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



久しぶりに学生時代の同級生と会った時の話です。

電車に乗っていたら、見た事のある女性がいた。

『あ、Cちゃんだ。』

声をかけるとびっくりした表情で

Cちゃん  『何処へ行くの? ※※※? なんだ同じ駅じゃない。』

私は思いきって夕飯を誘ってみました。

DENMA   『何時頃用事が済むの?今夜メシでも食おうよ。』

Cちゃん  『。。。 そうだね。わかった。携帯教えて。』

やった~。
Cちゃんは学生時代は人気があって、かなりの男性から告白され
ていたみたいです。

私は、学生時代は喋った事はなく、卒業後に2回程10人くらいで
スキーに行った程度でしたね。

今回は、それから4年後の事でした。

携帯に連絡があり、駅前で待ち合わせしました。

Cちゃん  『お待たせ~。今日の夜は用事はなかったの?』

DENMA   『うん、ないよ。だからラッキーだったな~』

Cちゃん  『そう、なら良かった^^』

適当に居酒屋に入り乾杯して、お互いの近況を話し終えました。

Cちゃん  『ところで、前に会ったのはいつ頃だったっけ?』

DENMA   『4年くらい前にスキーに行って以来かな?』

Cちゃん  『あー、行ったね、スキー。』

DENMA   『あの頃は、Cちゃん、彼氏がいないと言ってたよね。
       あの後、男連中はホントかな~って疑ってたよ。
       もちろん俺もだけど。ホントの所はどうだったの?』

Cちゃん  『いなかったよ。で、今もいないよ』

DENMA   『ウソでしょ~!』

話を聞くと、学生時代に数人をふった後、同年代やイッコ上やイッコ下
等からは一切告白されずに今に至るとの事。。

確かに、どうせフラれるよ。。なんて思いますよ。

しばらく話しながら酒を飲み、少し酔ってきたCちゃんからこんな質問を
受けました。

Cちゃん  『ねえ、キスは好き?』

DENMA   『えっ、急にどうしたの?そういう話するんだ?』

Cちゃん  『ほら、男はみんなそう! あたしがキスやエッチな話を
       したらおかしい?』

DENMA   『いや、少し驚いたけど。。じゃあ、下ネタの話をしようか
       な~^^』

Cちゃん  『うん、話そうよ^^』

へぇ~、そんなものなのかな。。

キレイ=おしとやか、
とか、
キレイ=清楚、

とかは、私たち男の勝手な想像、いや、思い込みなのかもね。。

さらに酔ってくると結構大胆です。

Cちゃん  『男ってボッキするとガマンできないの?』

DENMA   『Cちゃん、酔ってきたね^^。さすがにCちゃんがボッキなんて
       言うとヤバイよ』

Cちゃん  『なんで?どこが?アソコ?』

DENMA   『すこし話をかえようよ。』

Cちゃんは、テーブルに置いてあるペーパーとアンケート用のボールペンを
とって、何か書き出しました。

Cちゃん  『ほら、普通はこうでしょ。で、大きくなるとこうなんでしょ?』

Cちゃんは、マンガチックな男のアソコの絵を描いて私に見せるんです。

DENMA   『え~っ!』

Cちゃん  『DENMAくん、今どっち?』

DENMA   『形の変わった方(嫌われるかな。。)』

Cちゃん  『ちょっと、隣に行ってあげる』

テーブル席だったのでコチラにわざわざ来たのです。

Cちゃん  『どれどれ。。』

もみっ。

DENMA   『えっ、なになに?今揉んだ?(酔ってんなー)』

Cちゃん  『まだまだじゃん、もっと大きくなったらまた確認するよ』

DENMA   『。。。(あぜん、私は決して大きな方ではないのですよ)』

Cちゃん  『どうしたの?あたし。。いつもこうよ』

DENMA   『○△※×』

Cちゃん  『どうしたの~?うふふ、あたし、こういう素なお付き合いが
       好きなんだぁ!で、また膨らんじゃったんでしょぉ。どれどれ』

また席を立ってこちらに来るのかと思いきや、今度は違いました。。

私の好きな...

Cちゃん  『電気あんま。。(小声で)グリグリっ、あっ、さっきより硬い』

私は、心の中では『あふぅ~、いい』ですが、一応この性癖は内緒だったので、

DENMA   『ちょっと脚で確認? マジでぇ~!!(と応戦)』

Cちゃん  『でも、嫌じゃなさそうね。だってコチコチだし。。
       実は気持ち良がっているって目でわかる。でしょ?』

図星でした。
でも、当時はバレるのが恥ずかしいと思っていた時期でした。

DENMA   『そんなんじゃないよ。触られれば誰でもさぁ。。』

Cちゃん  『なぁ~に?(脚でグリングリン状態)』

DENMA   『うくぅ~、卑怯な~』

Cちゃん  『DENMAくん、彼女にもこうされてるの?』

DENMA   『いや、されないよ~。でも今は彼女がいないんだ。』

Cちゃん  『へぇ~、じゃあDENMAくんには言うけど内緒だよ。実は
       あたし、不倫してるんだ。最初は不倫だなんて知らな
       かったけどね。』

この会話中、ず~っと電気あんまされるのです。

DENMA   『えっ、不倫?どうしてまた?(くぅ~ッ股間が~)』

Cちゃん  『細かいことはいいじゃない。それより、時々デートして!』

DENMA   『そりゃぁ、チョーうれしいけど、大丈夫なの?(あぁ~)』

Cちゃん  『普通の人とデートしてみたいから。それとこの顔も見たい!
       この顔^^!(ぶるぶるぶるぶる)』

DENMA   『あ”っ、あ”~~(小声です)』

Cちゃん  『そろそろ、今日は帰ろう!あぁ~面白かった!!』

いつの間にか終電近くの時間でした。

駅に行く途中、Cちゃんに腕を引っ張られてチョー狭い路地へ
入りました。そこでキスされました。

Cちゃん  『DENMAくんの事はわかったわ、次はあたしの番!あたしは
       ちょーキス魔なんだ。しばらくこのまま付き合ってキス
       して!』

なにも喋れない状態でした。
だって、約30分くらいだと思いますが、口はキスでふさがれてますし。。

その間キスされながら、ずーっと股間を揉まれたり、膝を押し付けられたり
して、そして途中チャックを下ろされて手コキでいきました。

しかし、イった後もず~っとキス。。

正直、口の中が乾いてカピカピでした。

DENMA   『(これが、人気のあった、そして憧れる人も多かった
       Cちゃんの本当の姿なのか~??)』

で、結局終電に乗り遅れました。
初めてのタクシーでの帰宅。。
タクシーの中でも股間を揉まれてました。

Cちゃん  『DENMAくん、たくさん遊ぼうよ。また連絡するね。』

DENMA   『うん、宜しくね。』

Cちゃんの家についた。
Cちゃんが降りた後に、
『立ちっぱなしだったから、今日あたしでヌキな^^。じゃあね~!』

その後自宅に戻る間、タクシーの運転手との会話は一切なかったのは
言うまでもないですよね。。

私のエピソードの中で、このCちゃんは最多なエピソードを持ってい
ます。

続きはまた次回。。


web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



拾い物動画です。

万一、著作権等に触れる内容のものがありましたらご指摘下さいね。

今回はこれです!

アダルト動画:拾い物動画シリーズ6

この作品は、電気あんまファンにとっては、最高なシチュエーションです。
しかも、脚の動かし方がエロい!
足踏みマッサージから、自然に股間を刺激しにいく流れは撮影した監督の
センスが素晴らしいです。

この動画の情報をご存知の方がいたら是非コメントでお知らせ下さい。
このページと、WEBサイトで宣伝したいと思います。

web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



前回のお話から約1ヶ月と少し。。

覚えていますか?(初回の話はこちら

Yちゃんと、Sちゃんのイタズラは続く。。

その後、Sちゃんにホテルへ行く様に指示されたので、言われるが
ままに、ホテルへ行きました。

さすがにYちゃんは眠そうで、ホテルに着くなり爆睡でした。

私もなのですが。。

Sちゃん  『DENMA、なんで二人で先に食事に行っちゃうの!(怒)』

DENMA   『だって、お客に付いていたから。。』

Sちゃん  『ふーん、まあいいや!あたしシャワー浴びてくる。。』

Sちゃんがシャワー中に、私も眠ってしまったようです。
するとSちゃんが素っ裸で私を呼びに来ました。。

Sちゃん  『DENMA!起きなさい!何寝てんのよ!風呂場に来なさい!』

DENMA   『おねがい、少し寝かせて。。』

Sちゃん  『だ・め・よ!』

DENMA   『はい。。。』

風呂場に行くと、Sちゃんはバスタブにつかっていました。
私は、体を洗い泡まみれになっていると、Sちゃんが、そのまま
バスタブに入って来てと言いました。

DENMA   『流すから待ってて^^』

Sちゃん  『早く!!』

しょうがなくそのままバスタブへ入りました。
向かい合わせにつかったので、すかさず私の股間に脚が伸びて
きて、水中での電気あんまでした。

Sちゃん  『最近さ、あたしの脚、引き締まったと思わない』

DENMA   『そういえば。。そうだね。何かしてるの?』

Sちゃん  『うん、電気あんま!あんたにね!!』

ぶるぶるぶるっ

DENMA   『うわぁ~、なるほど~。。。か、感じる。。』

Sちゃん  『でしょ~。これ、結構引き締まるよ^^。両足交互
       にやるようにしてるんだ^^。うぉらぁ~!!』

ぶるぶる、じゃぶじゃぶ。。

DENMA   『くぅ~っ。。キ、キク~!』

Sちゃん  『あ~、楽しい。今日の客さー、全然つまんなくてさ~』

DENMA   『ぐぅ~ぁ~っ。。』

Sちゃん  『DENMA、風呂からあがるよ。』

そういって、いきりたっている私の股間をニギって部屋へ連れられて
行く。。(手をニギってよ~)

すると、いきなり後ろから股間にケリが炸裂。

ズムっ!

DENMA   『う”がっ!!』

Sちゃん  『きゃはははっ、凄い飛び上がったね~。DENMA』

うつぶせに尻を突き出した格好で悶絶していると、Sちゃんが
なにかオイルのようなもので手をヌルヌルにして後ろから、股間
の竿を乳絞りしだしました。

Sちゃん  『DE~NMA!たっぷり喘ぎなさいっ。あんたの喘ぐ声が
       聞きたいの!おらおらっ』

(四つん這いの後ろから)シコシコシコシコっ!

DENMA   『うはぁ~、すべりが良すぎて感じちゃう~。。だめぇ』

Sちゃん  『なにがだめぇ、だよ!いいんだろっ?凄く硬いよ』

このまま、イキそうになると寸止めされて、その繰り返しで頭がおかしく
なりそうでした。

Sちゃん  『うふふ、そろそろイカしてあげようかな^^』

DENMA   『きぃあ~。。もうイカせて~、お願~い、あぁ~っ、
       どうにかなりそうだぁ』

Sちゃん  『DENMA、イカせてあげるけど、もう少しガマンしなっ。
       ホラっ』

Sちゃんは、四つん這い状態のの私のタッている竿を、自分の方に向け
ていきます。
つまり、私のアソコはタッているからお腹の方に向かって起っているの
ですが、その竿の先端をお尻のほうにシゴキながら向けていくんです。

DENMA   『あっ、なにするの。。あぁぁぁ』

私のアソコはすっかり逆方向を向いていて、その方向にされてシゴかれ
ました。

しかし、実はそれがチョー感じるんです!!

DENMA   『Sちゃん、なにこれっ、本当に狂うよー!』

Sちゃん  『痛くない?痛くないよね^^。じゃあ、イッテもいいよ』

逆方向シコリを高速でシゴかれました。

DENMA   『あああああー、もうだめー、死ぬーーーっ、あ”っは~ん』

チョーもの凄くイキました。。
いや、イカされました。

Sちゃん  『DENMA、やっぱあんた楽しいわ^^』

私は放心状態。そのご、Sちゃんが電気あんまをかけてきたけど、私の
アソコはまったくの無反応。

Sちゃん  『DENMA、大丈夫? うふふ、チョー楽しい』

そして、気づくとお昼時でした。

ウィーン、ウィーンと何かがなる音と共にお尻に異変が。。

S,Yちゃん 『おっす、DENMAお目覚め?クスクス』

私は横向きに寝かされ、お尻にバイブが挿入されています!
そして、アソコは無意識に起っています。
その起っている竿の先端を指でコリコリと刺激しています。

DENMA   『なんで。。起ってる。。 いや、もう勘弁して~』

S,Yちゃん 『あはは、思ったとおりの反応だね。楽しい^^』

お尻への挿入は、これが初めてです。

Sちゃんが、私の脚を持って電気あんま。yちゃんは、私のお尻から
バイブが外れないように押さえながらいろいろな所を刺激してきます。

DENMA   『ねえ、おねがい、どうせならエッチしようよ?』

S,Yちゃん 『ふざけんなよ、ばーか。これが楽しいの!』

電気あんまで強めに攻撃してきた。
私のアソコはグッタリなはずなのに、なぜか起ってます。
そして、なんかイキそうです。
そうか、お尻か??お尻が原因か?

私のイキそうな表情がわかったのか、すかさず手コキに変更。
高速シゴキが堪らない。

チョビュッ。。

しかし、私は。。

DENMA   『うがぁ~、イク~~っ』

と声を上げていたのです。少ししか精は出ないのに。。

S,Yちゃん 『はーい、終了~。今日はもうかえろー^^』
      『楽しかったね~』

DENMA   『。。。(ぐったり)』

昨夜から昼までに、何回イッタのか。。
思い返しても凄すぎるし、若い時の話ですがそんなにいったのは
最初で最後ですね。
英会話の先生ともそこまではないですし。。

2人を送り、私も帰宅。

しばらくアソコがヒリヒリして痛く、しばらくオナニーも出来ま
せんでした。。

まあ、しばらく分イッたのでオナニーなんかする気になれませんで
したけどね。。


web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



拾い物動画です。

万一、著作権等に触れる内容のものがありましたらご指摘下さいね。

今回はこれです!

アダルト動画:拾い物動画シリーズ5


今回の電気あんまはゆっくり目です。
女性は可愛いのですが、電気あんまはイマイチでした。
ソフトな感じの電気あんまを見ていてもヌケないので、イレギュラーですが
電気あんまで切らずに、手コキフィニッシュで締めくくりました。

スミマセン。。

この動画の情報をご存知の方がいたら是非コメントでお知らせ下さい。
このページと、WEBサイトで宣伝したいと思います。



web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。