FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析


戦後最悪の震災が起こった。

私も東京で今まで経験した事のない揺れに驚愕した。

第一に思ったのは、死ぬかもしれないと言う感覚。

その次に、みんなは大丈夫か?(自分が大丈夫だったので。。)

次に、脚友さん達は??

次に、ブロともの皆さんは。。

もちろん、会社の事や人。。そして家族親戚の事も心配しました。

少しして、ニュースを見ると信じられない光景が。。

津波!!

見ていられませんでした。

そして、都内の交通網のマヒ。。

歩いて帰る深夜の人混み。。

電気のついていない街灯。

コンビニから食材や乾電池、そして水が消えた。

翌日以降は、弁当やカップめんやパンまでもが
消えた。

全てがあり得ない光景だった。

日に日に増える犠牲者や負傷者。。

追い討ちの余震や原発損壊による放射線。。

毎日のニュースがとても気になる。
東北の方達の状況。。
復興の行方。
安否確認など。。

ホントに大変な事が起こった日本。。

ブロガーの皆さん、ご無事なのでしょうか?

私も今月はブログを自粛して、ブロともさんや訪問者様
にはコメさせていただきましたが、でも。。

やはり一言書きたかった。
皆さんの安否が気になります。。

web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



Fちゃんを覚えていますか?

覚えていない人は前回の記事(アフター5編4)へGO!<<

深夜の某公園でもの凄くイカされたDENMA。。

その後もいろいろありましたが、ついに最近の出来事へと
話しが飛ぶ。。

先月2月某日。。

Fちゃんから連絡があり、久しぶりに会うことになった。
最後にFちゃんの電気あんまでイカされたのは5年前かな。。

相変わらず綺麗だった。

某居酒屋の半個室。。

Fちゃん『DENMA~^^。元気してた?』

DENMA 『うん、4、5年ぶり??かな』

Fちゃん『そうだね。5年かな。。変わらないね^^』

DENMA 『そう? 俺、少し痩せたでしょ。。』

Fちゃん『どこが???』

DENMA 『えっ。。』

その瞬間、早速Fちゃんの脚が股間にHIT!

DENMA 『あっ。。ああ。。』

Fちゃん『ふふ、相変わらず反応がいいね!うれしい!』

DENMA 『これから注文なんだけど。。』

Fちゃん『何行ってるの?このままよ。ホラ、店員呼んで』

店員が来てる間も、脚で股間を刺激。。
変わらない。。 Fちゃんの行動と足技^^。


この居酒屋は、座席がソファーになっていて家の部屋
にいるような感じの設定になっている。

なのでFちゃんはかなりリラックスしている。

Fちゃん『ねぇ、DENMAの横に行っていい?』

Fちゃんは脚攻撃をやめて私の横に来た。

で、いきなりですが。。電気あんま開始だった。

Fちゃん『おるぁ~、これが好きなんだろ~(小声で)』

ソファーの上で、私の脚を掴みおもむろに電気あんま!

DENMA 『うううぅ~、あぁ~いきなりですか~』

Fちゃん『ふっふっふ。気持ちいいだろ!これを待って
     たんだろ!はけっ!』

DENMA 『はいぃっ、気持ちいいです。けど、店員に見られ
     ますよっ!』

Fちゃん『別にいいじゃん^^。簾があるから大丈夫!
     おらぁ~!』

ドドドドドドッドドッ!

DENMA 『そ、そんな~~ぁぁぁぁ!』

(全て小声です^^)

DENMA 『ぐはぁぁぁぁっ!ビクビクっ!!』

Fちゃん『イったの?、早くね?』

そりゃそうです。
それまで、散々脚でいじられていたので。。

DENMA 『す、すみません。。』

Fちゃん『いいよ。夜は長いから。。』

その後もガンガン飲んでたFちゃん。
トイレにいって知り合いに会ったようだ。

で合流。

Pさん 『Pです。今飲み会が終わってトイレにいたら
     偶然会ったの。。一緒していいですか?』

という事で合流したが、Fちゃんの機嫌が悪い。。

Pさんの喋りが凄く止まらない。
しゃべるしゃべる^^
するとPさんの携帯が鳴って携帯の相手とおしゃべり。。

そんな時、Fちゃんが酔ったようでトイレに行く
ようだ。

Fちゃん『DENMA、トイレまで付き添って。。』

DENMA 『大丈夫?』

Fちゃん『あの子さぁ、しゃべり魔なのよ。携帯で
     話し出したら暫く終わらないからさ。ね!』

DENMA 『ねって何っ。。あああ』

男子トイレに連れ込まれた。いや、俺は男だからあっ
てる。。

DENMA 『Fちゃん、間違ってるよ。ここは。。。』

Fちゃん『いいのよ!はやく!』

男子トイレの大きい方をする個室^^に押し込まれた。

Fちゃん『ほら、便器に座りなさい!本日2回目よ!』


いきなり電気あんま!!

ドドドドドドドドドドドッ

DENMA 『えぇ~、あふぅっ!あああああああぁっ』

Fちゃん『やっぱ、これがいいのよ~^^。もっと
     喘いで!』

DENMA 『いや、あの、誰か来るよ。。あぁぁぁぁ』

Fちゃん『ズボンを脱ぎなさい!生でしてあげる。。』

俺はスボンを脱いだ。Fちゃんはミニスカートはその
ままにストッキングを脱いだ。

そして、更に電気あんま!

DENMA 『くぁああああっ、ガマン汁で滑るから堪ら
     ない~。。あぁぁぁぁぁあぁぁぁっ』

Fちゃん『うふふふっ、この裏筋はどう?』

DENMA 『あぁ、ダメですっ、そこだけはっ!』

Fちゃん『ぢゃあ、ここを責めてあげる!』

DENMA 『あががががっ、ひい~、勘弁して~』

Fちゃん『ほら、やめないから覚悟してイキな!
     ガマンするんじゃないの!』

DENMA 『はい~っ、ぶぐぁ~っ、イ、イクぅ~
     ~~~っ』

どぴゅぅぅぅぅぅ!!!

Fちゃん『出たぁ^^、あはは、楽しい~』

(くどいようですが小声です^^)

DENMA。。。ぐったり。。

Fちゃん『休んでる暇ないわよ。あたしの。。舐めて』

DENMA 『はい』

私はひざまづいてFちゃんの股間をなめる。
そして、舐めながら指を2本入れた。

Fちゃん『あはぁぁぁぁん。イイ』

喜んでくれているようだ^^
クリを舐めながら指を早く動かす。。
たしか、Fちゃんはこれが大好きだったはず。。

Fちゃん『イックぅ~~~っっ』

Fちゃんはイった^^

その場にしゃがみこんだFちゃん。。

すると、

Fちゃん『DENMA。良かったよ^^。後を向いて』

DENMA 『はい、どうしたの?あっ!!!』

後を向いたとたんに股間を握られた私。。
便器に手を突き刺激に耐えていた。

DENMA 『あぁぁっ、Fちゃん。もうやばいよ』

Fちゃん『何言ってんの?タッてんじゃん』

た、たしかに。。

そのまま、Fちゃんの手は止まらない。。

スコスコスコスコっ!

DENMA 『あぁぁっ、これはやばいよっ』

Fちゃん『ふふん、いいんでしょ?これでラストよ!
     堪能しなっ!』

スココココココココココココ!

DENMA 『あぁぁぁぁぁ、早くしないでぇ~。』

Fちゃん『なんか、だんだんカチコチになってきたよ。。
     あっ、だらだら垂れてきたぁ。ぎゃはは』

DENMA 『いやぁっ、ちょっ、やめっ、ちょっ。。』

ズコココココココココココココ!

DENMA 『あっ、だめっ、あ、はやっ、はやいよっ。。
     あっああああああああああ』

ずぴゅっ!!!

私はイった瞬間膝が落ちた。(ガクガクだ。。)

Fちゃん『DENMA、お尻丸見えなんだけど、入れて
     ほしいの?』

DENMA 『いや、いやっ、もう勘弁してぇ~(涙)』

Fちゃん『うそだよ。あたし先に行くね。ちゃんと
     拭いてきなさいよ!』

DENMA 『はい。。』

一人で処理しているとドアをノックされた。

DENMA 『はい?』

店員  『あの、長いようですが大丈夫ですか?
     他のお客様が利用したいとの事ですので』

DENMA 『あっ、すみません。もうすぐ出ます』

危なかった。。

トイレ内で待っていられたら通報ものだろうな。。
Fちゃん、危ないよホントに。。

部屋に行ったら、Pさんがまだ電話してた。

DENMA 『(ホントだ、まだ電話してる。。)』

Fちゃんがトイレから帰ってきて目で合図して
笑う。。。

Fちゃん『今日はジャマが入ったけど、また会える?』

DENMA 『いいけど、結婚したんだよね?』

Fちゃん『あんたもしてるでしょ。。同じでしょ!』

という事で、気晴らしに時折会うことになった。

2月は良い月だったです^^

しかし、もの凄くイキ疲れた~。。


今回は復活したので最近のエピソードを書きました。

Fちゃんネタの過去のものは、また別の機会にアップ
しますね^^


web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。





最新記事