FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



カラオケボックスでは限度がある。。

盛り上がった私と彼女は、とあるビジネスホテルへ行った。

部屋に入るなりキス。

そしてベッドの上でキスしながら服を脱ぐ。。

い、いや。。

正しくは脱がされる。 でしたね(笑)

私も負けじと服を脱がそうとするが、なんか軽い抵抗を
されてうまく脱がせない。

彼女は、少し笑いながらどんどん私の服を脱がす。

彼女はスカートに上半身ブラ状態。。

私は。。。 いつの間にかパンツだけ。。。

えぇ~っ!!!!

は、早い!!

そして、当然のように私の乳首をコリコリとさわる。

『あ、あぁ~。。』

またしても、私が先に喘いでいる(笑)

私は負けじと、ブラをはずそうとした。

すると!

ニギッ!

彼女が私のパンツの中に手を入れて、股間をモミだした
んです。

私『あああぁあぁ~。。 どうしていつもこうなんだぁ。。』

つい声を出してしまった。

彼女『あれっ、嫌なの?? じゃやめる』

私『いや、いいです。やめないでよ~』

彼女『あははは、やっぱ変だよ!あんた』

私『え~っ、そんな事ない。。』

途中でキスされてしゃべれなくされた。

そのまま、股間を揉みしだく彼女。

正直、狂いそうだ。

私は、そんな至福の中彼女の服を脱がす。

ようやく彼女はブラとパンティー姿になった。

私は。。

いつの間にやら裸でした(笑)

ようやく普通の状態で抱き合ってキス。。

とはいかず、なにをしてもシゴかれてる私^^。

私『すこし、手を止めない??』

彼女『どうして?ダメよ』

スココココ!!

私『ちょっ、ちょっと!早くしてどうす。。あっ、あぁ!!』

逃げる私と追う彼女(なんだこりゃ^^)

結局、後から彼女の膝蹴りが入った。

私『う”っ、うううぅ~』

うずくまる私の後ろから竿をニギリ、またシコシコ。。

に、逃げられない!!

四つん這い状態のままシゴかれてまたもや狂いそうになる。

私『ちょっと、タイム、タイム』

彼女『なによ、タイムって(笑) 鬼ゴッコじゃないのよ』

でも、やめてくれた^^。

私はベッドに横になった。

私『あ~、ありがとう^^。。。 あっ、あああああぁ~』

休憩かと思ったら、必殺の電気あんまだ。

うれしいっ!!!

あっ、いや。。 あの。。 ま、嬉しかったッス^^

まだ、タッてる私の股間を容赦なく電気あんま!

たっ、たまらないですぅ~!!!

彼女『あんた、ホントに変よ^^ ホラホラ、どうなの?』

私『あぁぁぁぁ、ちょ~ぉ気持ちいいですぅ~ぅぅぅぅ』

彼女『きゃははははははは。 なんて言うの?こういうの。
   あははははは。 変だけど、楽しいわ~』


ピュッ!!!!!ピュピュピュ~!!!!

。。。

彼女『えっ?な、なに、ちょっと! イッたの??』

私『。。。。。 はい。。。。』


彼女『あははははははははは^^ ホント?笑える~。
   脚でイクんだ。脚が好きなの?』

私『いや、もちろんホントは普通のエッチがしたかったんだよ!』

彼女『なに?したかったって??過去形??ダメよ。これから
   するの!。。』

私『えっ。。。』



一度思いっきりイッてしまった私。

大ピンチ!!

でもその日に限って。。。。。


今回も長くなりました。

続きは次回の講釈で。。



web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



最近知り合った女性シリーズ。。

その彼女とは時折食事(飲み)に行きます。

時には歌を。。

時には映画を。。

時にはお泊りをします。

先日は、カラオケボックスに行ったんです。

深夜です(笑)

終電もとっくにない時間、私は彼女と飲んでいた。

しかし、かなり飲んだのでデートを終えて彼女はタクシーで
帰る事にしたんですが、私は電車がないので朝までカラオケ
コースを選択して別れようと思った時、彼女は一緒に行くと
言ってくれた。

そんな訳で私達はカラオケボックスへGO!。


最初に2~3曲唄ったのですが、少しお喋りタイムに突入。

笑いながら話に夢中になって目を見合わせたその瞬間。。

どちらからともなくキスをしたんです。
(多分ほとんど同時^^)

私は彼女を抱きよせて更にチュー。。。

すると、彼女は舌を絡ませてきた。

私より舌が長い彼女の方が優位にキスをコントロール出来る
ので、私はトロンとして思うがままの状態になり。。

彼女の顔が私の顔の上に。。

そして、私は抱きかかえられる様にしてキスされまくった。。

いつも思う言葉。。

(あれ、逆だよな~。。)

そう思った瞬間に彼女は、

『逆だよって思ったでしょ。。 やめて欲しい??』

私は当然、

『ううん。もっと続けて。。』

と、つい言ってしまった。

あれれ、またもや。。
私が彼女を抱き寄せて優位にチューしたつもりなのに。

どうしてこうなるんだろう??

そして、最近の彼女にはお気に入りの言葉が出来た。

それは、私に向かって小さめな声で、

『ヘ・ン・タ・イ』

と、ささやく事。

私としては彼女とは普通な恋をしたつもりなのですが。。

やはりこうなるのでしょうかね。。

どうやら彼女は、少しSっ気があるようなのです。

ここの所、そんな行為を楽しんでるような気がします。

私としてはとても嬉しいシチュエーションなのですが、
心底楽しんでしまうとホントに変態扱いされて別れられ
ちゃうかも。。と思うので少し押さえてますけどね(笑)

さて、もうこうなると彼女主導状態。

キスされながら、私の両方の乳首をつままれたりコリコリ
したり。。

DENMA 『あはぁ~ん』

キスされながらズボンの上から股間を揉みしだかれたり。。

DENMA 『ぬぉぉぉぉ。。っ』

その様を見て彼女は、

『うふふ、やっぱりあなた変よ~。。やっぱ、別れよう
 かな。。^^』

と一応楽しそうに言う。

DENMA 『いやだ。。よ。。 ここをさわるから。。
     よし、今度は僕が。。』

そういった瞬間、彼女は私にキスをしてきた。
そして、私の一番の弱点である竿裏をズボンの上から
コリコリと刺激してきた。

DENMA 『ぐはぁぁぁぁ、いや。。ちょっと。。

彼女  『なに、嫌なの? やめようか?』

DENMA 『あぁ~ん、や、やめないで。。』

彼女  『ぷっ、ぷぷぅ~!!あはははは!』

そんな行為が続いたカラオケボックスの中。。

そして私は。。うれしはずかしの中で喘いでいた。。


続きは、また次回の講釈で^^



web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



ご無沙汰です!

少し遅い情報ですが。。

AKB48の総選挙がありましたねー。

我らがともちんが8位って。。

マジすかっ!

って感じだったです。。

でも、また来年があるさっ。

ともちん!

がんばれ!!!

20090912_02.jpg







web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



こんなブログですが。。

3月11日(金)に発生した東北関東大震災により、亡くなられた方々
のご冥福と、被災された皆様方に対しまして心よりお見舞い申し上
げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

管理人:DENMA

web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。