FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



カノジョのJちゃんとデートした。

今回は、そばの有名どころに日帰りでお出かけ。。

のつもりが、うまい蕎麦と日本酒でいい気分になり
泊まる事になった。

比較的遅い昼食がてらに蕎麦を食べたので、つまみ
や惣菜などを購入してシティーホテルへいった。

酒のせいか、普段あまり話せない事や悩みなどを
語った。

(普通の恋愛だなぁ。。^^)

そんな時間もすぎて、体が次第に密着して自然に
キス。。

その後はぐはぐ^^

しかーし!!

私達はここからが人とは違うのだ。。

どういうわけか、はぐはぐした後にベッドに押し
倒されて股間をモミモミされる私。

いつの間にか、ズボンとパンツ、上着や下着も
脱がされて私だけ素っ裸!!

そして、竿をシゴかれて喘ぐ私。。

なっ、何故だー!!

何でこうなるんだー!!!

Jちゃん『こういうの、スキでしょっ^^』

DENMA『あ、あふぅ~^^ 好きれふぅ。。』

Jちゃん『ふふふっ、ヘンタイなんだから。。ねえ、
     凄くタッてるよ。いつもよりも。。
     なんか、面白くないからこうしちゃお』

ドドドドドドっ!!

DENMA『あ、あぁっ、これはぁ~っ!!!』

Jちゃん『そうよ!電気あんまぁーっ!!!!』

ドドドドドドドドっ!!

DENMA『ぐ、ぐふぁぁぁぁぁっ! き、気持ちいいっ』

Jちゃん『あははっ。んっ? なんか先っちょから出て
     きたよ? 感じてんのぉー^^ 笑えるー』

DENMA『ぐふぅぅぅぅ~ん。うん、きもひいぃ。。』

10分くらい、電気あんまをされ続けた。

もう!超至福な時です^^

すると、また股間をシゴき始めたJちゃん。

私も、既に堪らない状態だったので反撃に出た!

Jちゃんがたまらなくなる乳首責めで応戦だ。

暫く執拗に責めているとJちゃんは声を出して
喘ぎ始めた。

よし、このままイカしちゃおう!

と思った瞬間、私のお尻の穴にJちゃんの指
が入った!

DENMA『あっっっ!』

Jちゃん『あぁん、アブなかった。。 ふふっ
     ほら、どう?どうなのよ??』

穴に指を入れられた私は動けず。。
ただ、のけ反るばかり。。

のけ反ると竿をシゴいてくる。。

またもや、後ろから前から。。だすぅ。。

DENMA『Jちゃん、ちょっと休憩。ねっ』

Jちゃん『ふぅ、しょうがないなー』

お尻から指を抜いてもらって、私はヨロヨロ
とトイレに行こうとした。

すると!

Jちゃん『だめだよーん、ズブっ』

DENMA『はぅぅぅぅぅっ!!』

立ち上がって歩こうとした瞬間にお尻にインっ!

うそでしょーぉ!!!

私は壁にもたれてお尻を突き出す格好になって
穴をこねくりまわされた。

そして、同時に前の竿もゴシゴシとシゴかれて
イキそうになった所で指を抜いてもらった。。

DENMA『はぁぁぁぁぁぁっ。。。 狂うかと思っ
    たー。 。 。 んっ!!!?』

Jちゃん『ねぇ、指じゃないもの入れてみたよ』

えっ?えっ?

んっ?なんか冷たいものが穴に。。

Jちゃん『ワインのビンを入れちゃった^^』

DENMA『ぬ、ぬぉぉぉぉぉっ!! や、ヤメー』

Jちゃん『おらおらおらおらーっ!たのしー!』

ワインの注ぎ口の方が私の尻の穴にイン。。
初体験です。。

そして、竿をシゴき続けられてるのでもう限界。

私は一気にフィニッシュしちゃいました。

崩れ落ちる私。。

し、至福ぅ~(笑)

崩れ落ちた私の股間はミルクまみれ。。

そんな私の股間を両足持って電気あんま!

ダメ押しの電気あんま。。

まさかの連続発射!

Jちゃん曰く、私は白目になっていたそうだ。。

そりゃそうですよね。

めちゃくちゃ気持ちよかったのですから。。

その後、小休止1時間。

Jちゃんの騎上位でまたイッてしまった私。

Jちゃんの騎上位がめちゃくちゃ気持ち良いのです。

これはしょうがない。うん、しょうがないです!

しかし。。

これからワインを見るたびに思い出しちゃうかも
しれません。

ワインをみるとタッちゃう男になっちゃうかも
(笑)


web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



久々のオファーがありました。
ブログトップの『はじめにお読みください』記事では、
募集をストップしているのですが、熱烈なコールにお答
えしてトライアルを試みました。

名付けて『居酒屋電気あんま』のトライアルです。

某日、秋なのに少し汗ばむ陽気の日にその方と会いました。

おっ、かなり筋肉質な感じの方です。

我ながら筋肉は好みです(笑)

挨拶を済ませてイザ居酒屋へ行きました。

DENMA『あの、こういうのは初めてですか?』

Vさん『やった事ないけど、凄く興味がある!』

DENMA『そっか^^。ハマっちゃうかもよ^^』

Vさん『楽しそ~^^ もうやっていいの??』

DENMA『ま、まず飲み物を頼もうよ』

Vさん『そ、そっか(笑(』

そして、生ビールとカシスソーダにつまみを
注文して、早速トークと撮影。

Vさん『ね、ね、どうしたらいいの?』

DENMA『え、えっとね、まずどうしようかな。。
    そうだ!軽く撮影してみようか?
    なんかVさんは胸が大きいね^^。

s-DSCF1321.jpg

Vさん『うん、でも太ってるからだよ。。』

DENMA『そんな事ないよ。でも大きいなあ』

Vさん『あとで触ってみる?』

DENMA『えっ、いいの?』

Vさん『だって、あたしはDENMAさんのアソコを自由に
    出来るんでしょ?そのくらいいいわよ』

DENMA『。。。。。 あ、ありがと。。 ノリいいね』

Vさん『えへへ』

そして少し画像撮影。。
s-DSCF1322.jpg
s-DSCF1319.jpg
s-DSCF1316.jpg
s-DSCF1332.jpg

動画撮影もしました。
(作品は私のWEBサイトで確認して下さいね)

やりとりはこんな感じです^^

DENMA『じゃ、いよいよ はじめようか?』

Vさん『うん! じゃ、脚を伸ばすね。ほらっ』

DENMA『うっ!い、潔いね。。 そしたらね。。』

Vさん『こうでしょ!ほらほらぁ~』

DENMA『うっ、うわわっ、きもちいい。。あっ!』

Vさん『うふふ、ほんとぉ~^^。DENMAさんの動画
    で予習してきたからね^^』

DENMA『な、なるほど。。 あぁっ! うっ! あ、
    あ、あのね。ぢゃあ、は、はじめようか』

そんなこんなで撮影に取り掛かった。

今回はトライアル。。

でも、撮影中に何度もイキそうになる私。。

最後はイキそうになったので撮影を止めましたが、
実際はデちゃいました。

Vちゃんの言葉。。
『え~っ、ホントにイクんだ。。
 DENMAさん。。ここは居酒屋ですよ。。ヘンタイ!』
だって。

そんな事言ったら興奮するぢゃないか~!!

しかし、さすが熱烈コールしてきただけの事はありました
ね~。

このVさんとは長くお付き合いできると良いです^^。


オマケ。。

Vさん『DENMAさん、おち○ちんさわらせてっ^^』

DENMA『う、うん、いい。。 あっ!』

s-DSCF1330.jpg
s-DSCF1331.jpg

いいよと言う前に握られた。。

きっ、気持ちいいよぉ~(笑)

web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。