FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



またまたですが、前回のお話を覚えているだろうか?

社会人になっての電気あんま(アフター5編3)はこちら>>>
今回は、Fちゃんとの事務所内と夕食のお話です。

ランチを終えた私は、Fちゃんとは別々に事務所入り。

私の席とFちゃんの席は斜めに位置している。
丁度、Fちゃんの後姿が全て見える位置です。

昼の快楽から仕事モードに切り替えて客先と電話中、
Fちゃんが自分の後ろの席の方と話をしている。
そう、こちらに向いているのだ。

そして、脚を組んでいる。。

(わぁ~。。)

すると、Fちゃんが脚を組み替えた^^。

(おぉ~!)

Fちゃんの一瞬のどや顔がわかった。

(素敵。。^^)

そしてもう一度。。今度はゆっくり。。

(だめだ、集中できない。。 もう元気。。)

数回続けられて、私ノックアウト。。トイレへ行きました。
すると携帯にメールが。。

Fちゃん{夜までガマンしなさい}
DENMA {はい}

堪らないまま何とか定時を向かえ、少し残業した後に待ち合わせ
場所にいった。

DENMA   『お待たせ^^』

Fちゃん  『エロDENMA、あたしの脚はどうだった?』

DENMA   『そりゃあもうボッキものですよ^^』

歩いていると、ビルとビルの隙間があり、そこにいきなり押し込
まれた。

Fちゃん  『DENMA、キスして。』

DENMA   『えっ、あぁっ』

キスしながら股間をさわさわ。。

DENMA   『う~ん。。』

Fちゃん  『気持ちいい、あたしも脚を組み替えてた時濡れて
       たの。。』

DENMA   『うん、僕もビチョビチョだった。今も。。』

Fちゃん  『まずは、食事しよっ^^』

DENMA   『うん』

通りに出た瞬間に、通行人から変な目で見られた。
こいつら、なんでこんなところから。。みたいな^^。

カウンターで鳥料理を堪能。
結構お洒落なお店でした。そこでは、真面目な話をたくさん
した。
不倫もしているといっていた。
私は、『人生は一度きり。自由でいいのでは?』と話した事
を覚えている。

そして、酒も入って気持ちよくなった私たちは近所の公園へ
行った。
結構大きな公園だ。

そこに、子供が乗るくるくると回る乗り物があったので、
なつかしくて中に入ってみた。

するとFちゃんも入ってきた。。

さすがに大人2人が入るとギュウギュウでした。
中は真正面に向かい合う状態でで、キャッキャしながらも
キスモードになった。

私は、正統派にキスをしてFちゃんの胸をもみ、アソコに
指を入れて悶えさせた。

Fちゃん  『DENMA、どうしたの?スゴイ。。』

DENMA   『しゃべらなくていいから。まっ、もうすぐ喋れなく
       なるけどね^^』

私は、アソコに入れた指を早く動かす。

Fちゃん  『あああぁ~』

DENMA   『もの凄く濡れてるよ。。ガマンしなくて
       いいからね』

しばらく、Fちゃんのアソコを弄ぶ私^^
すると。。

Fちゃん  『あぁ、ダメっ、イクぅ~!!!』

更に激しく動かしていたら、その声と共に果てたFちゃん。

少し余韻に浸る状態でしたが、そんな中私の股間を握って
きた。

DENMA   『あっ、あの、しばらく余韻にひたったら^^。。』

Fちゃん  『何を勝ち誇っているの??』

Fちゃんは、私の肩に置いていた脚を下ろしながら私の股間の
ところでストップさせ、足で股間を刺激しだした。

DENMA   『今、イッたばかりでしょ。。』

Fちゃん  『これで、更に気持ちよくなるのよ。。
       あたしがね。。』

DENMA   『あ、あぁ。。』

Fちゃん  『ほら、タッてきた。。』

DENMA   『それはタッちゃうよ。。 うぅ~ん』

しばらくFちゃんの脚で電気あんまされていたが、窮屈な
上に暑かったのでFちゃんが、

Fちゃん  『外に出て。』

DENMA   『うん』

Fちゃん  『そのベンチにすわって。』

DENMA   『はい。。』

座るなり、正面に立っているFちゃんがいきなり股間を
踏みつけてきた。

Fちゃん  『オラっ、これからいっぱいあたしの脚で
       苛めるから覚悟しなよ。』

グリグリグリグリッ!

DENMA   『あぁ~っ!あ、あ、あ、あ、あ、あっ』

Fちゃん  『あぁっ気持ちいい、あたし、これがしたかったん
       だよね~!』

DENMA   『うううううぅうぅうぅぅっ、ぎもちいい』

Fちゃん  『竿が右に向いちゃってるよ。先っぽは
       ここね^^。うふふ、たのし~♪』

DENMA   『ああああああぁぁぁ~っ』

Fちゃん  『玉が無防備よ^^。こうしてあげる^^』

ぎゅーぅぅぅぅぅぅっ。

DENMA   『あ"あ"あ"あ"あ"あ"っ』

Fちゃん  『潰れちゃうわよ^^』

DENMA   『おねがい。。潰さないで下さい。。』

Fちゃん  『じゃあ、竿の先端を執拗に擦ってあげる』

DENMA   『いゃん、気持ち良すぎるぅぅぅ!』

Fちゃん  『もっと喘ぎなさいよ!ほら、これでアソコに
       逃げ場は無いわよ』

そして、いよいよFちゃんの正統派電気あんまが炸裂!

DENMA   『ぐわぁぁぁぁ、あああふぅぅぅ。。あぁ~ん』

Fちゃん  『気持ちいいんでしょ!気持ちいいといいなさい!』

DENMA   『うふん、気持ちいいですぅ~ぅぅぅぅっ!』

Fちゃん  『竿がパンパンよ、玉もだわ。。ガマンしなさいよ!』

DENMA   『む、無理です~ぅ。。』

Fちゃんが、電気あんまにスパートをかける。

Fちゃん  『おらっ、あたしのコレに耐えた人はいないのよ!
       いくよ~!うぉるぁああああっ!』

ズドドドドドドドドドドドドドッ!!!!

DENMA   『ぐわぁはああああああああああっ、イグうぅっ!!』

どばぁあああああ!!!

Fちゃん  『あはははっ、いったわね?足で搾り出さなきゃ^^』


グリグリ、ギュ~ぅ。 と竿の根元から先へと踏み絞るFちゃん。

DENMA   『… … …』

私の横に座るFちゃん。
ズボンのベルトを緩め、パンツの中に手を入れてきた。

Fちゃん  『DENMA、気持ちよかった?たくさん出てるよ^^』

DENMA   『は、ふぁい。。 死ぬかと思いました~』

Fちゃん  『うふふ、もの凄い果て方したからね。』

といいながら、べちゃべちゃなアソコをこねくり回して、玉を
ニギニギして遊んでいる。

DENMA   『Fちゃん、手が汚れちゃうよ』

Fちゃん  『そうだね。でも面白いからもう少し』

玉をもみもみ、竿先をクリクリ。。

DENMA   『あっ、勘弁して~』

Fちゃん  『また、感じてんの?アホかあんた?また次ね』

といって、ズボンの中から手を抜いて、その手を私の顔に
塗りたくる。

DENMA   『うわっ、勘弁してよ~』

Fちゃん  『楽しかったぁ!さっ、水道をさがそっ^^』

DENMA   『たのしんでんなぁ~。。Fちゃん』

水道でFちゃんの手と、私の顔を洗い帰宅する2人。

Fちゃんは楽しそうにルンルン歩いているのですが、私は
股間がべちょべちょで歩きづらく、それに気づいたFちゃんは
クスクス笑っている。

Fちゃん  『アソコ、洗わなかったの?^^』

DENMA   『洗えるわけないでしょ~。。』

その後、しばらくこの微妙な男女関係が続くのでした。

違うエピソードはまたの機会に。。

web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。




コメント

  1. ゆーう | -

    振動が欲しいです

    正直羨ましいです、女性の電気あんまで逝ったことないのですが、気持ち良いのは分かります!
    つま先が尖った靴でされると最高なんですよね~

    僕はどちらかと言うと痛い系が好きですかね、痛気持ち良いです(・・;)

    ( 21:40 )

  2. DENMA | -

    Re: 振動が欲しいです

    ゆーうさん

    コメント遅れスミマセン^^。

    > つま先が尖った靴でされると最高なんですよね~
    ⇒同感です。最高ですよね!でも私、生足やストッキングの足
    でされるのも大好きです(笑)

    > 痛い系。。痛気持ち良い系。。
    ⇒私も大好きです!!

    意見が合いますね~^^


    ( 16:38 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。