FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。



DENMAです。

Jちゃんとデートしました^^。

鍋をつつきに行った時の話です。

その日はお互いに用事があり、夕方から会う約束をしました。
19時過ぎに、夕食に行くことになりJちゃんとペアブームの鍋をチョイスして
お店に行きました。

毎日メールはしているけれど、お互いに、最近の出来事を直接会話をする
のも良いものです。

話は盛り上がり、締めのうどんを食べていると、Jちゃんが私の足を踏み
はじめたのです。
突然だったから少し驚きましたが、いつもの事だと思い、そのまま食事と会話
とを継続したのです。

だんだん、Jちゃんの会話が下ネタになりだし、徐々にヒールで足を踏み始め
ました。

き、きもちいい。。(笑)

食べながらも、Jちゃんはいたずらな目で私を観察しています。。

うっ、す、ステキな目。。(笑)

私はアヘアへ状態でしたが食事も終わり、次の店へと移動することになりました。

次の場所は某ライブハウスバー。
たまたまですが、ステージの正面のカウンターでし良い場所に陣取り、ドリンクとつまみ
を注文して、次のライブを待つのですが、J[ちゃんが待つのに飽きたらしく、矛先が私へ
向かってきました。

Jちゃん : 『DENMA、まだかな~!』

DENMA : 『ちょうどステージが終わったところで入店したからあと30分程度で始まるよ』

Jちゃん : 『DENMA、つまんないよ~』

DENMA : 『しょうがないよー。。あっ!』

その時、Jちゃんの扇子が私の脇腹にヒットっ!
そう、私はわき腹や背中などが弱いのです。

Jちゃん : 『DENMA、前にピクピク禁止って言ったよね!』

DENMA : 『う、うん。もちろんピクピクなんてしてないよ』

ピクピクとは、くすぐったい,驚く,感じる,イキそうになる,の状態の時になる
私の動きを指しています。

私は、特に感じている時にピクピクしがちなのです。
あまりにも頻度が多いため、Jちゃんにピクピク禁止と言われているんです。

Jちゃん : 『ほんと?ほら、ほらっ、ほーらっ!』

ますますJちゃんの脇腹狙いのフェイントがエスカレートしてきます。

Jちゃん : 『それっ!』(チョーフェイント炸裂)

DENMA : 『あっ!(ピクっ)』

Jちゃん : 『DENMA?今。。』

DENMA : 『い、いやっ!ピクッとはしていな。。。』

Jちゃん : 『お仕置きっ!バシっ!』

Jちゃんの閉じた扇子が私の股間にヒットっ!

DENMA : 『う、うぐぅ~っ。。』

Jちゃん : 『私はごまかされないよ!おらおらっ!』

さらに扇子の先で股間をつつくJちゃん。

Jちゃん : 『あれっ、DENMA?なんか膨らんできたよ?? こんなんでタツの? まっ、
         わかっているけどね~。。 (コリコリ)』

DENMA : 『あっ、あっ、や、やめ。。』

Jちゃん : 『やめていいの?』

DENMA : 『し、して。。』

Jちゃん : 『あははははっ。ほれほれっ!』

さりげなく股間を刺激しつつ、Tシャツの中に下から手を入れてきて、わき腹をさすられ、
乳首をつままれ。。などをされ、ギンギン状態になった私。

Jちゃん : 『ねぇ、DENMA、後ろの人とか周りから見て、私、DENMAをいじめてるように
         見えないかな?』

DENMA : 『だ、大丈夫じゃない?(そうだねというとやめてしまうかも、だし…笑)

Jちゃん : 『そっか!大丈夫か。それなら。。ほらほらほらほら~っ!!』

DENMA : 『ぬほぉ~!!!あっ、あっ、あっ、うぅ~っ(ピクピク)』

Jちゃん : 『あっ!ピクピク禁止なのに!わかってるわよね?ズンズンっ!コリコリコリ』

扇子で突くわ、先端をコリコリするわでもうヤバし。。

すると、時間が来てライブが始まりました。

Jちゃん : 『DENMA!始まったっ!踊るよっ』

DENMA : 『え、えぇ~っ。。』

そう、私はタッていたので前かがみ。。
手を引かれて立ち上がり、乗りの良い曲で踊るのですが。。

Jちゃん : 『なにその変な動き。。踊る気あるの?』

DENMA : 『(あ、あのね。。Jちゃんのせいでしょうがっ!…心の声) あ、あぁ、しっかり踊らなきゃね^^』

踊ると、擦れて気持ち良かったりするのでもうどうしてよいやら。。

するとJちゃんが踊りながらこっちを向くので、無理して私もJちゃんの方を向き踊ると、その瞬間。。

ゴキンっ!!

DENMA : 『うっ!』

やられました。。
膝蹴りです。
しかも私、タッてました。

Jちゃん : 『はい、うずくまらないでね!そのまま踊りなさい!』

DENMA : 『。。。』

するとJちゃんが体を寄せてきて、踊りながら股間を摩ってくれました^^
や、やさしい!!(いやいや、おかしいでしょ!っと突っ込みたいでしょ?みなさん…笑)

その後は、ちょいちょいのイタズラありで飲みを終えて終了。

別れ際に、Jちゃんとチュー(股間をモミモミされながら)して帰宅しました。

帰宅途中、Jちゃんからメール。。

『DENMA!今日も楽しかったね!また行こうね!いつか、チューの時ヌイてやるわっ(笑)』

あっ、あは、あはは。。
いや~、Jちゃんとのデートの時はいろいろあります。。
でも、気持ちよかったんです(笑)


web拍手

脚フェチたちの1ポチをお願いします^^。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。